<   2018年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

箱根駅伝ウォーク7日目

書くのが遅くなってしまいましたが、7日目、6月に歩きました。

6月19日(火)
保土ケ谷駅(2区中間点)-赤関橋(18キロ地点)約6キロ
交通費 1,059円

権太坂を上りましたが、思ったより緩やかな感じ。
その後の下り坂が結構長かったです。
15キロの給水地点で休憩し、第一屋製パンのアウトレットショップで買い物をしました。

赤関橋からはバスを利用して戸塚まで出、電車で横浜へ戻りました。
お昼前なのに高校生がたくさん乗っていたのは試験だったりしたのでしょうか?

その日歩いたところは数年前に亡くなった友人の家の近くでした。
東戸塚にバスで出られる、ということで、何回か東戸塚で会ったりもしていて、ずっとその友人のことを考えながら歩いていました。

6月20日以降、体調もあまり良くなく、また演奏会前ということもあり、歩くのをやめていましたが、熱中症の心配もあるので、この先のウォークは秋まで延期します。
秋が早く来てくれると良いですが。

 

by soujutei | 2018-07-20 13:59 | ウォーキング

バッハ「ミサ曲ロ短調」の演奏会

今日、標記の演奏会がありました。

日時:2018715日(日)午後2時開演

場所:東京オペラシティ・コンサートホール

曲目:バッハ「ロ短調ミサ」

指揮:石川星太郎

ソロ:松原みなみ/玉井優妃(S) 野間愛(A) 宮下大器(T) 関口直仁(B

管弦楽:ミサ曲ロ短調管弦楽団2018

合唱:学習院OBブラームス合唱団


「ミサ曲ロ短調」を歌うのは、20台で初めて歌ってから6回目です。
その間に30年近い空白があって、再び歌ったのは10年ほど前。
その後は3~4年に1度という感じです。

なぜこれほど好きなのか?
歌いながら思っていました。

初めて歌ったときは、若さに任せてあまり考えていなかったかもしれません。
和声的な曲だとアルトは埋もれてしまいますが、対位法的な曲はすべてのパートが自己主張をできます。
合唱曲の比重も大きいので、歌い甲斐があるし、器楽的な動きも多くて楽しい。
そんな感じだったでしょうか?

今、思います。
バッハの曲はメロディーが最高に美しい!
主題や対旋律のみでなく、何でもないフレーズまで、とことん美しい!
本当にすごいですよね!
その美しさをきちんと表現できなくて悔しいですが、
今日の演奏でいくらかは伝えられたでしょうか?







by soujutei | 2018-07-15 21:32 | 合唱