古稀を迎えて思うこと

本日、めでたく?古稀を迎えました。
70年間も生きてきたなんて信じがたいことですが、おかげさまでなんとか生きています。
寒い日は暖かい家の中でお湯を使い、暖かい布団の中で眠れる生活をありがたく思います。

健康面では、一病息災をモットーとしています。
昨年は7月に腹腔鏡下胆嚢切除手術を受けました。
4泊5日の標準的な入院で、術後も1ヶ月ほど違和感はあったものの、今は殆ど忘れています。
20代で虫垂炎の出術をしたときは確か5泊6日、お腹が痛くて歩くのも大変だったのに、これも医学の進歩の一端ですね。
今の健康状況を維持するために、歩くことを続けたいと思います。

今年のウォークは、まずは世田谷246ハーフマラソンコースを歩いてみようと思って、2日ほど歩きました。
5日(土) 駒沢競技場から二子玉川
9日(水) 二子玉川から折返し(世田谷区狛江市境)まで行って二子玉川へ
今週どこかで二子玉川から駒沢競技場まで戻るコースを歩こうと思っています。
ホームページにあるコースマップは簡単なものなので、本当は違うところを歩いていたのかも、という心配もあるのですが、まあこの先も地図を見ながら何とかします。

ここ最近思うことをいくつか
・葬式は簡単に
高校3年の時にキリスト教の洗礼を受けましたが、大学で故郷を離れてからは結局決まった教会に行くこともなく遠ざかってしまいました。
葬式のことをボチボチ考えなくてはと思って、教会探しも時々気にはしていたのですが、でも今更という気持ちもあって、最近はもうどこでも良いかなと思っています。
希望としては賛美歌で送って欲しいかな。
賛美歌 39番「日くれて四方はくらく」
ブラームス「ドイツ・レクイエム」第4曲「Wie lieblich sind deine Wohnungen」
いずれも高校時代の思い出の曲。結局は昔に戻ってしまうのですね。
      
・墓は要らない
私の両親の墓は今住んでいる家から塀を一つ隔てたところにあります。
母が今のところに引っ越してすぐに墓地の申込みをして、順番待ちをし、父が亡くなる前にはしっかり確保していました。
母もそこに一緒に入っていますが、お墓を継承すべき長兄はアメリカにいるので、結局私が管理代行中。
殆どお参りはしていません。

現在も「家」の考えが根底にあるから、姓の異なる私はそのままでは入れない。
兄の許可があれば入れるらしいので、墓碑を誰でも入れるように「○○家」から何か別の言葉に変えよう、と姉は言うのですが、それももういいかな、と思います。
私たち団塊の世代が皆墓の中に納まるようにするにはお墓が足りないだろうし、お墓があっても覚えていてくれるのは2代下くらいまでだろうし...
もういいですよね。
友人で「樹木葬」を考えている人がいます。
「散骨」もあり?
後は子どもたちに任せようかな。

子どもたちへ
よろしく!



# by soujutei | 2019-01-13 11:36 | 今日の出来事

2019年のはじめに

2019年が始まりました。
さて、今年は何をしようか?
とりあえず一日のうちの大半の時間は自分のために使えます。(とりあえず3月までですが)
4月からの生活は未確定なことが多すぎてまだ何も決められません。(同居している娘夫婦の育児休業が終わって仕事に復帰するので)

追っかけ?
2015年の箱根駅伝初優勝を見てから、青山学院大学陸上競技部の追っかけをしています。
子ども二人が中高大とそれぞれ10年間通った学校の陸上部が強いなんて全然知らなかった、というか彼らが在学中は全然強く無かったので、初優勝の後いろいろネットを見たりして調べました。
なんだか面白そう。と思って関東インカレや、記録会などにも出かけました。
今はしっかりどっぷりつかっています。今一番の楽しみです。

ホームページの更新?
昨年5月にパソコンが壊れて、Windows 10に変わってから、ホームページの更新が出来ません。
それまではホームページビルダーを使っていたのですが、買い直す決心が付かないのです。
なぜか? 自分には必要の無い機能が多すぎて、大枚を出して買う気にならないのです。
基本的な機能だけで良いので、もっと安価なソフトはないものか?というところで止まってしまって、動き出していません。
何年か前にWebデザインの勉強をして少しは分かっているつもりでも、まるまる新しく作るのはちょっと気が重すぎますし、今までソフトを使って作っていたものを修正していくのは大変そうです。

年をとったなと思うのはこう言う時ですね。
10年前ならゼロからでも作ろうとしたかな、と思います。
そういう作業が楽しかったので、試行錯誤も嫌ではなかったでしょう。
これ以上劣化しないように、考えて行かないといけません。

とりあえず体を動かすこと、頭も使うこと。
出来れば社会的な活動をすること。
などととりとめなく考えています。




# by soujutei | 2019-01-01 20:30 | 近況報告

箱根駅伝ウォーク18日目・最終日

箱根駅伝ウォーク、ゴールしました!

18日目
12月4日(火)
5区:出山バス停(5キロ地点)ー小涌園バス停(11キロ過ぎ)
交通費 3,858円
ずっと上り坂。もう1キロ歩こうと思ったのに、息が切れてきて、きつくてリタイアしてしまいました。
この道をひたすら走り続けるって、どういうこと?!


最終日
12月19日(水)
5区:小涌園バス停(11キロ過ぎ)-ゴール(20.8キロ地点)
交通費 4,602円+ロマンスカー特急料金(200円+1,080円)
箱根湯本から小涌園までのバスの中から、どうやら一人で走っているらしい青年を見かけました。
小涌園から歩き始めて芦ノ湯のあたりで、後ろから走ってくる人の足音!
さっきのお兄さんでした!
時間はちょうど1時間、距離は12キロくらいでしょうか?
駅伝の選手は1時間12分とかで20.8キロを走ってしまうのですよね!
信じがたいです。

16.2キロの最高地点を過ぎてからは足がひとりでに前に進む状況で、残りの距離もそれほど大変ではありません。
やっと辿り着いたゴール地点で写真を撮り、箱根駅伝ミュージアムであしあとまんじゅうを買って帰ることにしました。
セブンイレブン元箱根店は残念ながら改装中、翌日から開店と書かれていました。
帰りは新道経由の急行バスに乗り、さらにロマンスカーを奮発。ちょっと贅沢をしました。

# by soujutei | 2018-12-26 20:41 | ウォーキング

箱根駅伝ウォーク17日目

11月27日(火) 
4区:小田原(18キロ地点)-5区:出山バス停(5キロ地点)
交通費 2,840円

いよいよ山です!
今日はいつもより早く家を出て、小田原に着いたのは10時半。
前回歩き止めた「スズアコーヒー店」前から歩き始めました。
中継所の「鈴廣かまぼこの里」は往路側にレストラン、復路側に売店と、立派なお店が建っていて、駐車場スペースもたっぷりして文句なしの中継所です。
ついでにとトイレを拝借して、いよいよ5区に入りました。
歩道が復路側にしかないところが続き、箱根湯本駅近くでは逆に往路側に変わって、信号で渡ったり、注意して途中で変更したり、ちょっと苦労しました。
箱根湯本の先はどちらにも無くなって、復路側の白線の外を気をつけて登って行きました。
今日はずっと登り基調の道でしたが、箱根湯本からは本格的な登り道。でも、歩くにはこのくらいの坂道の方が歩きやすいような気がします。
予定より2キロ多く歩いて、出山でバスを待って箱根湯本まで戻りました。

はるか昔を思い起こせば、小学校は六甲山系の山の中腹でした。電車通学で駅から学校まで、結構な坂道を歩いて上がりました。
中学・高校も山の天辺、小さな山ではありましたが、やっぱり歩いて上がるしかない6年間でした。合計11年の登山?生活で、足は強くなったのかなあと思ったりしています。
一人で黙々と歩くには坂道が良いような気がしました。
箱根は紅葉が始まって、なかなか気持ちの良いウォークとなりました。
次回は恵明学園まで、その次はゴールまでの予定でいます。


# by soujutei | 2018-11-27 20:42 | ウォーキング

箱根駅伝ウォーク14日目・15日目・16日目

何も書かないうちに小田原まで行ってしまいました。
ちょっと無精を反省しつつ、3日分をまとめて書きます。

★第14日目(11月8日)
4区:大磯(2キロ地点)ー二宮(7キロ地点)
交通費 1,919円

大磯は駅近くに澤田美喜記念館があって、時間があれば寄りたいな、と思いながら歩き始めてしまいました。
また歩く途中にも「鴫立庵」、吉田茂邸のある「城山公園」など、歴史を感じさせられる町でした。

★第15日目(11月14日)
4区:二宮(7キロ地点)-国府津(12キロ地点)
交通費 2,092円

二宮から国府津は結構歩きやすく、時間的にもいつもより早く着きました。
国府津駅の近くに軽く食事の出来るところがなく、その日は横浜まで戻って食事をしました。
「あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド!2019」が前日に届いたので、そちらも見ながら歩いたのですが、今年の地図はあまりにシンプル過ぎて、歩きの供にはちょっと物足りないように思います。結局2018年版をコピーして持ち歩いています。

★第16日目(11月23日)
4区:国府津(12キロ地点)ー小田原(18キロ地点)
交通費 2,230円

小田原に近づくにつれ、山が近づいてきて、本当に山と海に挟まれて歩いている感じで、気持ちよく歩きました。
また、お店がどんどん増えてきて賑やかになってきました。歩く途中にガスト、しゃぶしゃぶ、ケンタッキー、回転寿司などなど、食べ物やさんも沢山で、駅近くは本当に賑やかです。もう少し時間があればお城も見たかったですが、残念!







# by soujutei | 2018-11-23 22:10 | ウォーキング

箱根駅伝ウォーク12日目・13日目

またまた2回分まとめての記録です。

12日目は10月23日(火)
3区:サザンビーチ手前(15キロ地点)から湘南海岸公園(19キロ過ぎ)
交通費:1,948円
曇り空で寒くて風の強い日で、中継点まで行くのは諦め、湘南海岸公園からバスで平塚駅に出ました。
ともかく寒くて、湘南大橋手前の柳島記念館というところでしばしトイレ休憩。
地元の四季を描いた展示など、興味深く拝見しました。
そういえば青学の原監督はいつも8区下田裕太選手の時に「トイレ行ってくるね」と言ってコースアウトされるけど、どこでだろう、とちょっと興味を持ちました。
3区後半はずっと砂防林の中を走って行くので、変化がなくて走る人たちも大変かしら、と思いました。
少なくとも私は飽きました。

13日目は10月31日(水)お天気に恵まれ、気持ちよく歩きました。
3区:湘南海岸公園(19キロ過ぎ)から4区:大磯さざれ石バス停(2キロ地点)
交通費:1,921円
いつも一人で歩いていますが、その日はどこかの高校の校外活動か、大勢の男子高校生が一緒に歩いてくれました。
4種4色のTシャツで、ところどころに引率の教員らしき人がいて、コースを指示していらしたけれど、コンビニで飲んだり食べたりも自由だったみたいで、良いなあと思って見ていました。
大磯の駅からJRで帰りましたが、これから先は、二宮、国府津とJRの駅が5キロずつの区切りにあるので、少し楽かなと思います。
問題はその先の5区ですね。まだ思案中。

# by soujutei | 2018-11-01 16:12 | ウォーキング

箱根駅伝ウォーク11日目

15日(月)、11日目を歩きました。辻堂駅から歩き始め
3区:浜見山信号(10キロ地点)~サザンビーチ手前(15キロ地点)
その後は茅ヶ崎駅までまた歩き。
コースは5キロ分ですが、前後を歩いたので計8キロくらいにはなったでしょうか?
交通費:1,486円
浜須賀交差点からはただひたすらまっすぐに防砂林の中を歩き続ける感じ。
走る人たちも単調だろうな、と思いながら、最後はちょっと砂浜へ出て気分転換をしました。

最近こうやって箱根駅伝コースを歩いているので、横浜で乗り換えることが多いのですが、
前回までは横須賀線でも大丈夫だったのに、今回は東海道線オンリー地区に入り、横浜の乗り換えでぼーっとしていたら間違えそうになりました。
普段乗り慣れない路線は難しいですね。





# by soujutei | 2018-10-19 14:36 | ウォーキング

箱根駅伝ウォーク10日目

昨日3日(水)、10日目を歩きました。

戸塚からバスで遊行寺坂上まで行き、
3区遊行寺坂上(5キロ地点)ー浜見山信号(10キロ地点)5キロを歩き、
バスで辻堂駅まで出て帰ってきました。
交通費:1,840円

遊行寺坂はさすがの難所、でも3区は下りなのでそれほど大変でもなかったです。
遊行寺の境内は銀杏の匂いが立ちこめていてちょっと大変でした。
広い境内に大きな銀杏の木があり、その他にも実が鈴なりの木もありました。

その後藤沢跨線橋を越えるのにドキドキしながら、
またこの道で本当に良いのかしら、と思いながら、湘南新道をあるき、
湘南T-SITEに来たので、折角だからランチを楽しみ、浜見山信号で今日は終了。

湘南T-SITEは2月の青トレイベントの写真を見ていたので、どんなところか興味津々で立ち寄りましたが、
おしゃれな、だけど馴染むのにちょっと時間のかかりそうな不思議なお店たちでしたね。

帰りは藤沢駅までバスで、と思ったけど、1時間に1本しか走っていないようだったので、道を渡って逆方向の辻堂駅行きのバスでJRの駅まで。
湘南新宿ラインの電車が来て、乗ったら横浜の次が武蔵小杉だったので、JRで武蔵小杉まで戻りました。
結構楽なルートでした。(お金はかかったけど)

# by soujutei | 2018-10-04 20:07 | ウォーキング

箱根駅伝ウォーク8日目・9日目

9月になったと思ったら、あっという間に涼しくなって、季節は今や10月の気分。6月以来やめていた箱根駅伝ウォークを再開しました。

★8日目(9月19日)
2区:赤関橋(18キロ地点)-戸塚中継所(23.1キロ) 約5キロ
交通費  1,165円

赤関橋までは保土ケ谷からバスでスムーズに行けましたが、歩き始めてからが大変でした。
20キロ過ぎに「歩行は危険なので、避けるべし。迂回ポイント」とありましたが、どう迂回すれば良いのかわからず、とりあえずそのまま突っ込んで行ったら、本当に身に危険を感じる事態になってしまって、でもマンションもあるし、民家もあるし、ここの人たちは歩いて家から出かけないのかなあ、と思って、バイクで来ていた郵便配達のお兄さんに尋ねて、道を教えてもらいました。
結局、21キロ地点から線路沿いに戸塚駅まで出てそこから22キロ地点でコースに戻りました。安全なのは20キロ地点から国道1号線の迂回路を戸塚駅を目指して歩くと良いようです。

中継所地点は狭い駐車場で、あ、こんなところなんだと思いましたが、復路の中継地点は良くわからずじまいでした。

★9日目(9月28日)
3区:戸塚中継所-遊行寺坂上(5キロ地点)
交通費  1,295円

戸塚駅から戸塚中継所まで、バス路線が良く分からなかったので歩きました。大坂台あるいは大坂上を通るバスで探せば良かったようです。

戸塚中継所から少しアップダウンがあった後、結構長く平らな道が続いて、テレビの中継では殆ど出てこない場所なのかちょっと以外な感じがしました。8区は遊行寺の坂の後、まだこんなに走るんだなあ、と。

4キロ過ぎから旧東海道へ。歩道と車道の間にずっと並木が続いて、気持ちの良い道です。遊行寺坂上からバスで藤沢へ。遊行寺は次回、境内を歩いてみたいと思います。

2回ともスタートは11時頃、電車の駅に着いたのは13時頃の約2時間でした。このペースで歩いていると、箱根の山中は12月?ちょっと考えようと思います。



# by soujutei | 2018-09-29 11:21 | ウォーキング

コミケ・デビューしました!

どうしても欲しい本があったので、かの有名なコミックマーケットに恐る恐る出かけました。
初参加です。
事前にコミケ歴15年以上を誇る我が娘に地図を見ながらいろいろとアドバイスをもらい、ドキドキしながら出かけました。

大井町でりんかい線にのり「国際展示場前」駅まで。
初心者はお昼過ぎが無難だよ、と娘も言い、コミケのHPにもあったのだけど、
売り切れてしまったら残念すぎるので、一応11時過ぎに着く感じで出かけましたが、
大井町の駅も、国際展示場前の駅もすごい人、人、人...

駅を降りてから人の流れに乗って屋根のある通路をずっと歩いて行って、
ビッグサイトに着いてからも良く分からないけど人が進むように進んで、
間違ってたらまた戻れば良いかと思いながら、目的地へ...

事前にTwitterで見ていた東ニ35bという番地を、私は勝手に東2地区だと思い込んで行ってみたけど、
みんな頭にアルファベットが付いている、しばらく歩き回ったけれど見つからない、どうしよう??
Informationのスタッフの方に聞いたら、カタカナのニだということで、東6地区へ移動。

東1・2・3地区のキャピキャピした感じから、東4・5・6地区に行くと落ち着いた感じになり、
扱うテーマが違うとこんなに違うんだなあ、というのが面白かったです。
お目当ての本「箱根駅伝実況Tweet分析2018」をゲットして、目的達成。
それ以外には何も調べてもいなかったので、早々に退散することにしました。

お店のあるホール内は天井も高いし、空調もまあまあ効いていたけど、
通路は人が多くて暑くて大変でした。
それでも大勢の人がそれぞれに自分の楽しみのために本を作り、
売り、そして買って楽しむという場所があるのは良いことかなと思います。
すごいエネルギーを感じつつ、楽しみの末端に触れたひとときでした。


# by soujutei | 2018-08-11 21:18 | 今日の出来事