架空請求詐欺の件

いやいや、まさかのハガキです。
「消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」なるハガキが郵便受けに届きました。
ハガキでこんなこと言ってくる?第一相手方の固有名なしだよ!(利用されておりました契約会社、もしくは運営会社って書いてある)
訴状も来ていないのに、「最終通告」かい?
差出人は「法務省管轄支局 国民訴訟お客様管理センター」。いやいや、お役所が「お客様」なんて言うかな?(と思っていたら、つい最近言われました...)
突っ込みどころ満載のハガキですが、詐欺と思ってもちょっと心配になって、ネットで検索しました。

消費者庁の注意喚起がありました。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/information/pdf/consumer_policy_information_180427_0001.pdf

皆さん、気をつけましょうね。
訴状は、「特別送達」と記載された、裁判所の名前入りの封書で直接手渡すことが 原則となっており、郵便受けに投げ込まれることはありません。とあります。
心配になってもハガキの電話番号にはかけないこと!
ネットで検索するとその名前で問題になっていることがわかります。
ネットで相談窓口としてあるサイトもちょっとうさんくさい気がしますから、相談するなら

消費者ホットライン(最寄りの消費生活センター等をご案内します。) 電話番号 188(いやや!)
警察相談専用電話 電話番号 #9110
いずれも局番なし

が良いと思います。

by soujutei | 2018-06-05 15:08 | 今日の出来事
<< 箱根駅伝ウォーク6日目 箱根駅伝ウォーク5日目 >>